ミラサポplus「理念経営」についての記事のご紹介

ミラサポplusより「理念経営」についての記事のご紹介がありました。記事は「J-Net21 経営ハンドブック」の「理念経営」をご紹介しています。

 

経営理念については、創業塾や大学講義で必ずお話する内容ですが、経営を今から行われる方にはあまりなじめないご様子です。

そんな事、絵にかいた餅じゃないか?

言語化する必要があるのか

社内に掲げるのは恥ずかしい

などなど、ご意見は様々と思います。

 

しかし、目指すべき方向を明確化したり、社員としての行動を示すものであったり、会社の意思を引き継ぐツールになったりと、効果は大きいと考えています。

サラリーマン時代の私を振り返ると、確かに理念が掲示されており、行動指針のようなものもあったと思います。

ある会社では、毎朝朝礼があり、その場で経営理念を全員で唱和していました。

 

ひとつだけ「行動指針」だったと思いますが、「お客さま第一」が社内に浸透しており、解約にお越しになられたお客さまとトラブルになった際に、当時の営業所では「お客さま第一」を考えて行動に移したことを思い出します。 

 

中堅企業以上の企業には必ずと言っていいほど「経営理念」「社是」「ミッション」などが設定されており、会社経営の大事な役割をはたしてくれています。

個人事業主だから、小規模事業者だからと言わず、自分自身の「理念」として、毎日目標とされてはいかがでしょうか。

 

「J-Net21 経営ハンドブック 理念経営」のリンクはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。