事業再構築補助金の第2回公募の採択結果が発表されました。

「事業再構築補助金」のホームページはこちら

「事業再構築補助金」の第2回公募の採択結果はこちら

第1回公募の応募者は5,181者(要件を満たした申請件数4,326者)に対し、2,866者が採択となり要件を満たした応募に対して66.3%の採択率でした。

今回発表された第2回公募の応募者は20,800者(要件を満たした申請件数18,333者)に対し、9,336者が採択となり要件を満たした応募に対して50.9%の採択率でした。

 

なんど予想に反して第1回より第2回は件数は3倍以上になったものの採択率でいうと厳しい結果となりました。

応募者に関しては第1回公募の5,181者に対して20,800者と約4倍もの応募に増加しており、事業再構築補助金の公募概要が浸透したことや、事業者様や執筆者の体制が整ってきたこと、事業者様において公募要領を加味した事業計画が立てられるようになってきたことなどが挙げられると思います。

 

第2回公募のうち緊急事態宣言枠の採択は福岡県では採択された401件中の187件と46.6%を占めており、緊急事態宣言枠の母数はわかりませんが採択されやすい(加点要素あり)と考えています。

 

既に第3回公募の締切は9月21日(火)と発表されていて、第2回に比べると変更点もありますが、これから「事業再構築補助金」の申請を準備される方は第4回の公募を目指してじっくりと準備されることをお勧めします。

まだ第4回公募は始まっておりませんが、12月中旬から1月上旬にかけて締め切られるのではないかと予想しています。

 

「事業再構築補助金」の事業計画は認定支援機関と共同で作成する必要がありますが、多くの場合は執筆を手伝って頂ける認定支援機関に執筆部分を依頼されています。

今回の採択結果にも「認定支援機関」の名前が多数掲載されていますので、多く採択されている実績がる方を検索して執筆相談をされるのも一手ではないでしょうか。

ご参考にされてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。