今年も「(通称)ものづくり補助金」が予定されています。

上の写真は昨年(平成29年補正)の「公募要領」の写真です。(平成30年補正の公募要領はまだ発表されていません)

今年も「ものづくり補助金」「小規模事業者持続化補助金」「IT補助金」の3本柱で中小企業の補助金として準備がなされているようで、合わせて1100億円規模と噂されています。

そのうち「ものづくり補助金」は約800億~900億円と予想しており、昨年より規模が少なくはなりますが、予定をされています。

昨年のトピックスとしては、「先端設備導入計画」が加点項目として追加されましたが、自治体への説明が不十分なままスタートした結果、補助金申請の段階では加点項目にチェックを入れるか否かは判断が分かれました。しかし、採択された事業者様を見ると1次公募では半数以上、2次公募では8割~9割が「先端設備導入計画」の加点項目にチェックを入れたのではないかと言われています。今年の「ものづくり補助金」でも「先端設備導入計画」の加点項目は残ると予想されており、今年の「ものづくり補助金」には「先端設備導入計画」の加点項目にチェックを入れられる準備が必須と思います。

また、同時に「経営革新計画」のチェック項目もあるようで、こちらは地域によっては計画の認定が難しい地域がありますが、福岡県のように多くの件数が認定されている地域の場合は、こちらも準備が必須と思われます。

現時点では「公募」が開始されていないので、詳細な方向性はわかりませんが、今後行われる説明会や、公募時に発表される「公募要領」にて詳細を確認し、今年の「ものづくり補助金」の方向性を確認する必要があります。

「公募」されましたら、内容を確認してお知らせさせて頂きます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。