本当の自分に気づいていますか?

よく「自分探し」というお話を耳にしますが、自分のことはよくわからないものです。

人に言われてはたと気づいてみたり、日常業務だからとさっさとやっていたことが強みであったり、やめたいと思っていたことが実は続けたいことであったり、自分が一番関心を持っているのが意外と仕事だったり、これは私自身が最近気づいたことです。

 

多くの事業者様とお話する中で、本当に何をすべきかお悩みになる経営者の方が非常に多いのです。

収益は上げたいけど、どうやったら売上があがるのか、どうやったらお客さまが見つかるのか、買ってもらえるのか、考えて考えていると、自分がやりたいことと大きく違ってきて、方向性の違うことに力を注がなくてはならなくなり、また悩んでしまうという場面に何度も遭遇してきました。

 

本当の自分に気づけたら、どんなにすっきりとするだろうか。

しかし、自分の心を知るには、どうしたらいいのか?

そんなことを考えるようになってから、相談者の方のお話をよく聞き、何を目指しておられるのか探るようにお話をお聞きしてきました。

時には、創業時になぜこのような事業を始めようと思われたのか、どんな部分が魅力的だったのか、将来はどんなことをしたいのか、など一見すると関係の無いようなことでも、将来のことを考えるのには大事な要素になりえるのです。

 

どんなに解決したい課題だけを聞いても解決策は出てきません。

その課題の背景に何があるのか、どのような方向に進みたいのか、その先はどんな状態なのか、周辺情報をできるだけ多くヒヤリングさせて頂いています。

 

すると、ご自身で気づかれる方がとても多くいらっしゃいます。

「そういう発想はありませんでした!」と喜んでいただけることがあります。

 

しかし、もっと先を目指したいと思いませんか?

どうしたらよいのでしょうか。 

私は「本当の自分に気づいて、方向性を決める。」ことと思っています。

コーチングでは、目標は「アウトカム」と呼びます。

 

将来、目指したい目標(アウトカム)に向かうために、現時点で自分が何をしたいのか、何を目指しているのか、具体的に気づくことです。

気づく方法は様々ありますのでここでは割愛しますが、ハッキリと見えてくることが多いです。

 

私の得意分野のひとつに「事業計画策定」があります。

目標を決めて、達成日を決めて、その日までの具体的な実施計画を立てるということです。

文章で記載するのはもちろん、数値的に売り上げ計画や収支計画を立てていきます。

 

前述の「本当の自分に気づいて、方向性を定める」というのも似たようなステップで定めていきます。

目標とする具体的な状態をイメージして、その達成日を決めます。

達成日が決まったら、逆算して「年間、四半期、月次、週次、日次の習慣化」の順で、目標と実施する項目を決めて「達成日」に向けて準備を進めていくというものです。

「日次の習慣化」とは毎日の習慣を決めるということです。

 

私にも目標があり、実現したい目標と達成日を設定しています。

目標を定め、達成に向けて優先順位を決めて取り組んでいく、それだけなんですがなかなか難しいものです。

【ライフコーチをはじめました】

初回の1時間はアンケートのみで無料です。お問い合わせフォームからお願します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。