平成29年度補正「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」が公募されました。




昨年12月に日刊工業新聞に概要がスクープされてから随分と時間が経過してしまいましたが、やっと全国中央会のホームぺージで公募が発表されたようです。

最も利用が多いと思われる【一般型】については補助率1/2となっており、1,500万円以下の補助事業の場合は補助金効果が薄れてしまっています。

しかし、半分が補助金として出るならばと考えて資金繰りを検討されてはいかがでしょう。

 

【企業間データ活用型】

補助上限額:1,000万円

連携体は10者まで、1者あたり200万円追加

補助率:2/3以内

補助対象経費:機械装置費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウド利用費

 

【一般型】

補助上限額:1,000万円

補助率:1/2以内(別途、補助率2/3の条件あり)

補助対象経費:機械装置費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウド利用費

 

【小規模型】

『設備投資のみ』

補助上限額:500万円

補助率:1/2以内(小規模事業者は2/3以内)

設備投資必要

補助対象経費:機械装置費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウド利用費

『試作開発等』

補助上限額:500万円

補助率:1/2以内(小規模事業者は2/3以内)

設備投資可能(必須ではない)

補助対象経費:機械装置費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウド利用費、原材料費、外注加工費、委託費、知的財産権等関連経費

 

全国中央会の該当ホームページはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。